肌たるみ対策の前に

37692716e516d54054338ce1a5ba6ce1_s

お肌のハリ・ツヤは20歳がピーク

女性なら誰でも若々しいお肌をいつまでも保ちたい!
お肌のアンチエイジングを目指したいと思うものです。
しかしながら、大変残念なことに、どんなにスキンケアを丁寧にしている人でも、お肌の構造上、20歳をピークに少しずつハリと弾力が失われてしまいます。
20代~30代の頃には、それほど見た目にはお肌のたるみについて実感することは少ないとは思いますが、40代、50代になるとお肌のハリと弾力がどんどん失われてしまい、お肌のたるみに悩む女性が増えてきます。

そもそもお肌がたるむ原因について考えてみると、皮膚の真皮をサポートする役割を果たしているエラスチンとコラーゲン、この2つの美肌成分が加齢とともに減少して緩んでしまうことにあります。
真皮とは、お肌の表面、つまり表皮の内側に存在しており、毎日スキンケアをしてお肌の外側から美容成分を補給しているつもりでも、実はお肌の内部までには浸透していないことが多いのです。

顔の表情筋の衰えに注意しよう

お肌のたるみの原因は、加齢とともにお肌の美容成分が失われること、そしてもうひとつには顔の表情筋の衰えによるものです。

わたしたち人間の筋肉はよく使い、よく鍛えておくことによって、その部位が引き締まりますが、意外にも顔の表情筋か使われていないことが多いようです。
とくに、喜怒哀楽の表現に乏しい人、ふだんあまり会話をする機会が少ない人は、顔の表情筋が鍛えられていないため、顔のたるみの原因となります。
二の腕や太ももの筋肉を使わないと、その周辺の皮膚がぷよぷよするのと同じことです。

この他にも、紫外線の影響で、体内に活性酸素が蓄積されるとお肌のハリと弾力を保役割をしている皮膚の繊維がダメージを受けてしまい、顔のお肌がたるんでしまうことがあります。
また、急に太ったり、または急に痩せることによって、顔のお肌にたるみが生じることもあります。

お肌のたるみ対策の前に、まずは原因を正しく知ることが肝心ですね。